自作パソコンのパーツが欲しい【簡単にゲットできちゃう】

自作PCを作る費用相場

作業する人

性能によって費用は変わる

メーカー製のデスクトップパソコンは基本性能によって値段が違います。パソコン初心者がインターネットやメールなど最小限の使い方をするなら、5万円程度の製品でも充分に使えます。パソコンにある程度慣れてくるともっと性能の良い製品が欲しくなりますが、その時には自作パソコンという方法もあります。自作パソコンはパーツなどの部品を自分で選んで組み立てます。自作パソコンというと一見難しそうですが、プラモデルの組み立てぐらいの感覚で作ることができます。性能によって予算も違ってきますが、一般的な用途のパソコンなら総費用が6万円から7万円程度で作ることができます。ゲームをやる場合は高性能のグラフィックボードを選ぶ必要があります。グラフィックボードはピンからキリまでありますが、スムーズにゲームをするなら数万円以上の高級品にした方がよいです。自作パソコンで必ず必要なのがPCケースですが安い物は3000円程度からあり、騒音を押さえたい場合や同じケースをずっと使い続けたい場合は2万円ぐらいのものがおすすめです。マザーボードも自作パソコンには欠かせませんが、高性能を求めるならやはり2万円ぐらいの製品は必要です。最小限の機能でよいなら5000円程度で買うことができます。キーボードやマウスなどは使い回しができますので、古いパソコンのものを流用できます。ディスプレイなども使い回しをすれば費用を抑えることができます。だいたいの相場ですが低スペックパソコンなら5万円ぐらい、高スペックパソコンなら10万円以上かかると思って間違いないです。

Copyright© 2018 自作パソコンのパーツが欲しい【簡単にゲットできちゃう】 All Rights Reserved.